カテゴリー別アーカイブ: 英語学習

A watched pot never boils. 待つ身は長い

わりと海の近くに住んでいるというのに、8月も半ば過ぎてからようやく今年初めて海に行ったという、いつか使ってみたい英語表現シリーズ。

A watched pot never boils.
待つ身は長い。/ あせりは禁物。

原文を意訳すると「鍋を見ていてもお湯は沸かない」って感じでござろうか。とくに説明の必要がないほど実に解りやすいことわざでござるな。逆に日本語訳として当てられる事の多い、日本のことわざの「待つ身は長い」の方があまりピンと来ない感じがするくらいでござる。一応説明すると鍋を火にかけてお湯が沸くのをすぐ側で待っていると、お湯が沸くまでの時間がとても長く感じられる…、つまりは短気をいましめることわざでござるな。

拙者もあまりにもお腹が空いている時、「ああ、もうインスタントラーメンでいいや」とラーメンを作るために鍋に水を入れて火にかけた後、お湯が沸くまでの時間が非常に長く感じるでござる。そういう時は具材として一緒に煮込む野菜を切ったり、薬味のネギを刻んだりしてお湯が沸くのを待つと良いでござるな。

なお pot の部分を kettle と言い換えることもしばしばでござる。ちなみにこのことわざがいつ頃から使われているのかは不明でござるが、1848年に出版されたエリザベス・ギャスケルの小説「メアリー・バートン ~ マンチェスター物語」の中にこのことわざがでてくるみたいでござるな。

“Come, now,” said Mrs. Sturgis, “my master told me to see you to bed, and I mun. What’s the use of watching? A watched pot never boils, and I see you are after watching that weathercock. Why now, I try never to look at it, else I could do nought else. My heart many a time goes sick when the wind rises, but I turn away and work away, and try never to think on the wind, but on what I ha’ getten to do.”

Elizabeth Gaskell / Mary Barton – A Tale of Manchester Life 第31章より

またアメリカ建国の父の一人、ベンジャミン・フランクリンの自伝にも同じような言葉がでてくるようでござる。

Finally another Breakfast is ordered. One Servant runs for fresh Water, another for Coals. The Bellows are plied with a will. I was very Hungry; it was so late; “a watched pot is slow to boil,” as Poor Richard says. Madame sets out for Paris & leaves us. We begin to eat.

Benjamin Franklin / Paris 1776-1785より

このことわざは生活に根ざしたものなのでかなり古くから使われていても不思議ではないでござるが、もしかしたら19世紀頃の印刷技術の向上による書物の大量普及によって英語圏全体に広がったのものかも知れないでござるな。

What’s the great idea? 一体どういうつもり?

暑い季節がやってきてもたまにしか更新しない、いつか使ってみたい英語表現シリーズ。

What’s the great idea? / What’s the big idea?
一体どういうつもり? / 何をするのさ!

今回紹介するのもまたムーミンの小説から。シリーズ第6作目の「ムーミン谷の冬(邦題) / Moominland Midwinter(英題) / Trollvinter(原題)」の20ページ目でミイがリスに寝袋をかじられ、怒って言ったセリフでござる。

Presently an angry head with tousled hair appeared in the hole he had bitten in the wool. “Are you all there, you!?!” said Little My. I’m not sure,” said the squirrel. “Now you’ve waked me,” Little My continued severely. “And eaten half my sleeping-bag. What’s the great idea?

Tove Jansson / Moominland Midwinter 第2章より

直訳からくるニュアンスとしては「(そんな事をする、)その素晴らしい考えとはいったい何なのだ?」という感じでござるかな。great idea よりは big idea の方が使われる頻度が多いでござる。

また似たような表現に以下のようなものがあるでござるよ。

What a great idea!
それは素晴らしい考えだ!

まあ、普通の感嘆文でござるな。特に説明は不要でござろう。

What’s your great idea?
何か意見(アイデア)はありませんか?

こちらは「もし(素晴らしい)意見があれば教えてください」というニュアンスでござる。アンケート調査や、インターネットの意見投稿フォームなんかでよく見るでござるな。

ただしこれらは文脈や状況、言い方によってニュアンスが変わるという事は覚えていた方が良いでざろう。

I haven’t had a pancake for the last eighty-five years. パンケーキを食べるのは85年ぶりだ

前回の更新から1週間ほどでまた更新するという快挙を成し遂げる、いつか使ってみたい英語表現シリーズ。

I haven’t had a pancake for the last eighty-five years.
パンケーキを食べるのは85年ぶりだ。

今回紹介するのもまたムーミンの小説から。シリーズ第3作目の「たのしいムーミン一家(邦題) / Finn Family Moomintroll(英題) / Trollkarlens hatt(スウェーデン語原題)」の149ページ目、ムーミン達がパーティしている最中にやってきた「飛行おに (英語名:Hobgoblin / スウェーデン語名:Trollkarl)」がムーミンママからパンケーキをもらって言ったセリフでござる。

“Give me something to munch,” said the Hobgoblin. “This is getting on my nerves.” Moominmamma at once busled forward with pancakes and jam, and gave him a big plateful. While the Hobgoblin was eating they edged a little nearer. Somebody who eats pancakes and jam can’t be so awfully dangerous. You can talk to him. “Does it taste good?” asked Thingumy. “Yes, thanks,” said the Hobgoblin. “I haven’t had a pancake for the last eighty-five years.” At once everybody felt sorry for him, and came still nearer.

Tove Jansson / Finn Family Moomintroll 第7章より

直訳すると「私はここ85年間パンケーキを食べていません」という感じでござるが、既に食べている最中のセリフなのでより日本語的に「パンケーキを食べるのは85年ぶりです」と訳した方が良いでござろう。もちろん食べてなければ直訳のままの意味としても使えるでござるよ。

さてこの「~年ぶり」という英語表現としては “for the first time in ~ years” というのが英語学習者には馴染みが深いのではないでござろうか。今回のセリフをこれに従って言い換えると、

I have a pancake for the first time in eighty-five years.

となるでござる。have が現在形なのはもちろんパンケーキを食べている最中だからで、よりそれを強調する場合には現在進行形にするのもありでござろう。

ただし我々日本人としては翻訳者である Elizabeth Portch氏がどうしてこの表現を使わず、”I haven’t had a pancake for the last eighty-five years.” という表現にしたのかという事を考えねばならないでござろうな。

これは拙者の見解でござるが “I haven’t ~” と否定形を使う事によって、より「(長い間)食べた事がなかった」というニュアンスが強調されるのではないでござろうか。後者の表現だと「(久しぶりに)食べた事」の方が強調される感じでござる。そして前者の表現の方がその後に続く、「ムーミン達が彼に同情してそばに近寄った」というエピソードにマッチする…、様に拙者には思えるでござる。

とまあそれはさておき、今回の英語表現は状況に応じて細かい部分を入れ替えれば結構使えると思うので覚えておいて損はないと思う次第でござる。また洋書を読んでいて面白い英語表現を見つけた時は、「どうしてその表現が使われたのか?」について思いをめぐらせて見ると良いでござるよ。英語でも日本語でもどんな言葉でも同じことでござるが、何気なく使われる言語表現には必ずそれなりの理由があるもので、それが小説ならばなおさらの事でござろう。

Let’s have a meeting 打ち合わせをしよう

このブログにしては珍しく6月中に2回も更新する、いつか使ってみたい英語表現シリーズ。

Let’s have a meeting.
打ち合わせをしよう。/ 会議を開こう。

そんなに難しい文ではないでござるな。和訳は打ち合わせでも話し合いでも会合でも何でも良いのでござるが、ミーティングの場を持とうという意味でござる。いつかどころか明日使っても良いくらいでござるな。

最近の拙者は赤毛のアンシリーズもさすがに読み飽きてきて、その代わりに今はまって読んでいるのがスウェーデン系フィンランド人のトーベ・ヤンソンによる小説・ムーミンシリーズでござる。ムーミンは小さい頃にアニメを見た記憶がかすかにあって、それで懐かしく思って小説を読んでみたらこれがなかなかに面白い。アニメとはまた一風変わった絵柄の挿絵も雰囲気があってとても良い感じなのでござる。この作品の原語はスウェーデン語みたいでござるが、もちろん Puffin Books から発売されている英訳版を読んでいるのでござるよ。ムーミンの英語版についてはこちらのページで詳しく解説されているので興味のある人は見てみると良いでござろう。

話は戻って今回紹介した英語表現はムーミンシリーズ第2作目、「ムーミン谷の彗星(邦題) / Comet in Moominland(英題) / Kometen kommer(原題)」の110ページ目で出てくるのでござる。ただし小説内での表現は正確には “Let’s hold a meeting” なのでござるが、hold より have の方が馴染みが良いので have に差し替えさせてもらった次第でござる。なお meeting の後に about ~ と続ければ、「~について打ち合わせをしよう。」という表現にする事ができるでござるよ。

申し訳ないが今回は特にこの英語表現が心に残ったから紹介したというわけではござらん。どちらかというと、「ムーミンの小説は面白いよ」という話をしたかったので無理やり紹介させてもらった次第でござる。おそらく今後しばらくはムーミンの小説から英語表現を紹介する事になると思うのでござるが、気長にお付き合いいただければ幸いでござる。

in apple-pie order 整然と

更新すると見せかけて更新しない、更新しないと見せかけて更新する、お久しぶりのいつか使ってみたい英語表現シリーズ。

in apple-pie order
整然と / きちんと整って

前回のfiddlesticksに引き続きこちらも赤毛のアンシリーズの本を読んでいたら出てきた言葉で、拙者はこれまでこの言葉を使っている人を見たことはないでござる。

The next day Anne made her pies and lady fingers, did up her muslin dress, and swept and dusted every room in the house . . . a quite unnecessary proceeding, for Green Gables was, as usual, in the apple pie order dear to Marilla’s heart. But Anne felt that a fleck of dust would be a desecration in a house that was to be honored by a visit from Charlotte E. Morgan. She even cleaned out the “catch-all” closet under the stairs, although there was not the remotest possibility of Mrs. Morgan’s seeing its interior.

Lucy Maud Montgomery / Anne Of Avonlea 第十六章より

この様な感じで突然でてくると一瞬、「ん?」と思ってしまうでござるな。”apple pie order”って何だろうと調べてみると上記の様な意味で使われるという事が解ったのでござる。その後興味があったので色々とネットで調べてみると、なんでもこの表現が使われた最も古い記録は18世紀頃との事でござる。語源はフランス語の “cap-à-pie = head to foot” という説と、”nappe plié = folded linen” という説があるみたいでござるが、信憑性は薄いとのこと。なんとなーくでござるが、北米の母親が子供達のためにアップルパイを焼く時に、丁寧にリンゴを敷き詰めパイを重ねて作る姿が想像されるでござるな。

この言葉を使った表現としては、

A is in apple-pie order.
Aは整然としている。

put [get] 〜 in apple-pie order
〜を整理整頓する
Please put everything in apple-pie order before you leave.
部屋を出るときはきちんと片付けてからにしてください。

ってな感じで使えるでござる。

でもいつか使ってみたいとは言っても、この手の表現をスマートに使いこなすのはかなり難しいような気がするでござるな。使う前に忘れてしまいそう…

3 / 131234510最後