孔子の論語 子路第十三の二十六 君子は泰にして驕らず、小人は驕りて泰ならず

カテゴリー ちょんまげ翻訳 和英, 論語 2008年 12月 6日

孔子の論語の翻訳339回目、子路第十三の二十六でござる。

漢文
子曰、君子泰而不驕、小人驕而不泰。

書き下し文
子曰わく、君子は泰(ゆたか)にして驕(おご)らず、小人は驕りて泰ならず。

英訳文
Confucius said, “Gentlemen are calm and never be arrogant. Worthless men are arrogant and cannot be calm.”

現代語訳
孔子がおっしゃいました、
「人格者は泰然として落ち着いているが、決して驕り高ぶったりしない。つまらない人間は驕り高ぶってはいるが、落ち着いてゆったり構えるという事ができない。」

Translated by へいはちろう

論語には君子と小人を比較する文が他にも何個かあるのでござるが、その度に自分は小人だなと思い知らされるでござるな。

子路第十三の英訳をまとめて読みたい御仁は本サイトの論語 子路第十三を英訳を見て下され。

このエントリーをはてなブックマークに追加