孔子の論語 為政第二の四 七十にして心の欲する所に従って矩を踰えず

カテゴリー ちょんまげ翻訳 和英, 論語 2008年 1月 21日

孔子の論語の翻訳20回目、為政第二の四でござる。

漢文
子曰、吾十有五而志乎學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而從心所欲、不踰矩。

書き下し文
子曰わく、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。

英訳文
Confucius said, “I aspired after study when I was 15. I became independent at 30. I threw away my hesitation at 40. I understood my duty of life at 50. I became able to listen to other people’s words without prejudice at 60. I became able not to be contrary to morals even though I follow my desire, at 70.”

現代語訳
孔子がおっしゃいました、
「私は15歳の時学問を志した。30歳の時に学問で身を立てる事が出来るようになり、40歳で学問に対する迷いがなくなり、50歳の時に自らの天命を知った。そして60歳の時には人の言葉を偏見無く聴く事が出来るようになり、70歳になったら自分の心のままに行動しても人道を踏み外す事が無くなった。」

Translated by へいはちろう

今回の文章は論語の中でも有名な文でござるな。陳腐な言葉で言ってしまえば生涯学習という感じでござる、いや拙者は生涯学習には大賛成でござるので誤解なさらぬように。「儒学においては誰もが生まれつきの聖人でも仁者であった訳で無く、学問を修めて初めて人格者足り得るのだ。」という事でござる。もちろん行動に反映されなくては無意味でござるが・・・やれやれ先は長い。

為政第二の英訳をまとめて読みたい御仁は本サイトの孔子の論語 為政第二を英訳を見て下され。

このエントリーをはてなブックマークに追加