カテゴリー別アーカイブ: 論語

孔子の論語 学而第一の二 孝悌なる者は其れ仁を為すの本

 孔子の論語の翻訳二回目、学而第一(第一巻)の二でござる。

漢文
有子曰、其爲人也、孝弟而好犯上者、鮮矣、不好犯上而好作乱者、未之有也、君子務本、本立而道生、孝弟也者、其爲仁之本與。

書き下し文
有子が曰わく、其(そ)の人と為(な)りや、孝弟にして上(かみ)を犯すことを好む者は鮮(すく)なし。上を犯すことを好まずして乱を作(な)すことを好む者は、未(いま)だこれ有らざるなり。君子は本(もと)を務む。本(もと)立ちて道生ず。孝弟なる者は其れ仁を為すの本たるか。

英訳文
You Zi said, “There are few people who both value their family and tend to disobey their above. There is no one who both don’t tend to disobey their above and prefer mutiny. Gentlemen value the basis. The basis is strong, thus there is the way. Family value is the basis of benevolence. ”

現代語訳
有子がおっしゃいました
「家族を大切にして目上に逆らいがちな人は少ない、目上に逆らう事を好まないで混乱を好む人は一人もいない、人格者は基礎を大切にするものだ、基礎がしっかりして始めて道が生まれる、家族愛こそ仁徳の基礎である。」

Translated by へいはちろう

さて、今回の内容は「家族愛こそ仁徳の基礎である」と言う内容でござる。ちなみに英訳にあてたFamily valueとはキリスト教保守派の人たちのスローガンみたいなもので洋の東西で同じ事を言っているのは中々興味深いものでござる。

論語の英訳をまとめて読みたい御仁は本サイトの孔子の論語 学而第一を英訳を見て下され。

孔子の論語 学而第一の一 学びて時にこれを習う、亦説ばしからずや

元日に毎日の更新を宣言してしまって、さてどうしようと言うことになったのでござるが英語力のさらなる向上を目指し論語の全文を翻訳してみようと思う次第。

論語といえば皆さんもご存知、儒学の祖である孔子の言行録をまとめたもので日本の公家・武家を問わず必読とされて来た書物でござる。現代に伝わるのは原書ではなく何晏や朱子が注釈をつけた注釈書でござるが。日本の江戸時代には朱子の注釈書が幕府によって奨励されて(朱子学)後の世の明治維新の原動力となったと言うのは、まぁおいておくでござる。江戸時代の話を始めると長くなるでござるからな。

さてそれでは論語の第一巻の学而第一の一から始めるでござる

漢文
子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦楽乎、人不知而不慍、不亦君子乎

書き下し文
子曰(い)わく、学びて時にこれを習う、亦(また)説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)有りて遠方より来たる、亦楽しからずや。人知らずして慍(うら)みず、亦君子ならずや。

英訳文
Confucius said, “To learn and to review those you learned are pleasure. To see a friend from far is a joy. Not to have a grudge even if you are not appreciated by others. It is gentlemanly. ”

現代語訳
孔子がおっしゃいました、
「学んだことを時に復習するのはより理解が深まり楽しい事だ。友人が遠くから訪ねてくれて学問について話合うのは喜ばしい事だ。他人に理解されなくとも気にしないと言うのはとても立派な事だ。」

Translated by へいはちろう

う~ん、毎日はちょっとつらいかも・・・でも論語全訳がんばるでござるよ!ちなみに現代語訳についてのツッコミは勘弁していただきたい。きちんと論語を理解したければ専門の本などで読んでいただければ幸い。英訳文に関するツッコミは大歓迎。

ちなみにConfuciusというのは英語で孔子と言う意味でござる。

論語の英訳をまとめて読みたい御仁は本サイトの孔子の論語 学而第一を英訳を見て下され。

103 / 103最初102099100101102103